Employee Introduction.

社員紹介

先輩社員の紹介

2014年入社

所属:加工油脂事業研究開発部門

QUESTION ─ 01

入社の動機を教えてください。

BtoBの開発業務に興味がありました。当社の加工油脂事業の製品は、直接スーパーに並ぶのではなく、お客様である食品メーカー様にてクリーム・デザート・菓子といった様々な食品の原料として使われています。より美味しく、より安全な食品作りをするうえで、ひとつの原料に特化した原材料メーカーだからこそ貢献できることがあると思い、当社を志望しました。また入社して開発業務に携わるようになり、油脂が食品の物性や風味上、大きな役割を果たしていると改めて実感しています。

QUESTION ─ 02

開発者として、「クリーム用の油脂開発」「油脂風味の改良」「飼料の開発」に携わっているとのこと。その3つの仕事内容をそれぞれ教えてください。

・クリーム用油脂の油脂開発について

クリーム用開発油脂の中でも、『乳感を活かす』油脂の開発が印象に残っています。自分でクリームを試作しながら、乳の美味しさを最大限活かせるような油脂配合を検討しました。しかしそうして選んだ油脂は、性状が不安定という課題があり、美味しさを損なわない範囲で物性を改良する点で苦心しました。提案品がお客様に高評価を頂き、採用された時は、非常に嬉しい気持ちでした。また、お客様と協働で作り上げる楽しさを入社2年目から経験させてもらえた点も大変ありがたかったです。

・油脂風味の改良について

油脂は、極端な温度条件では、風味変化を発するという問題があります。それを、製造段階の工夫によって低減しようという取組みを行いました。 工場の製造工程を学んで現状を把握し、文献を読み仮説を立て、改良案を何度も検討しました。その結果、現在は、対策に有効な手法が見つかり、既存製品への応用を検討している段階です。ゆくゆくは、お客様が望む油脂風味をコントロールできるよう取り組んで行きたいと思います。

・飼料の開発について

当社の油脂は、牛・豚・鶏などの家畜用飼料にも使われております。 油脂を飼料に混合することで、肉の美味しさが向上するほか、人体にとって有用な脂肪酸を増やすことができます。また、家畜の成長や健康にも良い効果があるのではないかと考え、調査しているところです。 この活動を通じて、畜産業に貢献していきたいと思います。

QUESTION ─ 03

当社の印象、学生へのメッセージをお願いします。

当社の開発部門は、若手中心で活動しております。製品設計を担う部門のため、責任重大な仕事ですが、お客様に喜んでもらえた際の達成感も大きい仕事です。また、飼料のように、新しい分野へのチャレンジも積極的に行っています。好奇心が強く、開発に興味がある方をお待ちしています!