Welcome to our homepage TAIYO YUSHI CORP
石けん・化粧品 加工油脂 会社案内 問合せ先 HOME
製品紹介 上手な使い方 よくある質問 メディア掲載 レポート&コラム パックス製品ご利用店の紹介 各県販売店リスト
レポート

■環境にやさしいことは、健康にもやさしい

せっけん製品の利用から始まる、新しい生活

旅行にスポーツに、自然と触れあうアウトドアにはもってこいの季節。「森林との共生」をコンセプトに、環境にやさしいせっけん製品の利用を積極的に進めているキャンプ場がある。利用者の満足度も高く、口コミで、その評判が全国に広がっているという。人気施設の環境への取り組みを、紹介しよう。

●人気の5っ星キャンプ場

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌する都心から高速道路で3時間余り。磐梯朝日国立公園の南端に位置する安達太良山の山懐に「日本オートキャンプ協会」(JAC)が最高評価(5っ星)に認定したオートキャンプ場「フォレストパークあだたら」がある。現在、協会認定の5っ星キャンプ場は全国で11カ所しかなく、地元の福島県はもとより、首都圏を中心に全国各地からの利用者でにぎわっている。  同キャンプ場は98年、「森林との共生」(森林に遊び、学び、働き、守り、暮らす)を基本コンセプトに「福島県民の森」内にオープンした。40ヘクタールの敷地には、温泉施設完備でセミナーなども開けるビジターセンターと、5人利用と7人利用の2タイプ計20棟のコテージ、トレーラーハウス10台を含む180のテントサイトがあり、年間5万人の利用客があるという。

フォレストパークあだたらから望む安達太良山。
コテージには食器や寝具、内風呂などが完備している

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌する設計は自然景観とマッチした建物の設計を手がけているイギリス人建築家のトム・ヘネガンさんで、すべての建物が森の中に溶け込むデザインになっている。また、エリア内の道路にはU字溝を設けず、透水性舗装が施されている。ソフト面でも基本コンセプトを忠実に守り、エコロジーや健康をベースにした施設運営を全面に押し出している。

オートキャンプ場のフロントや、温泉、ショップ、カフェ、森林ライブラリー、レクチャーホールなどがあるビジターセンターには写真のような掲示板が。自然環境を守るために、細かなルールが決められている

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌する電話でキャンプ場の予約申し込みをする際、驚かされることがある。それは、合成化学物質が入ったシャンプーやリンス、ボディソープ、食器洗い用合成洗剤の使用はできないことが伝えられ、了解した上でないと予約が入れられないことだ。施設を運営している「ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団」森林交流推進課の佐藤重敏さんは、こう言う。

「全国のオートキャンプ場のなかでも、最も厳しいきまりがある施設かもしれませんが、キャンプ場周辺が水源地帯になっていることもあり、水環境への負荷を減らし、きれいな水と豊かな自然を守るためです。施設の設立趣旨も踏まえ、利用者の皆さんにお願いしています」

施設内での洗い物も合成洗剤の使用は不可。環境への負荷を減らすという理念に基づいてのルールだ

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌する露天風呂もある温泉大浴場をのぞいてみると、備え付けのシャンプーやリンス、ボディソープは天然油脂が原料のせっけん製品「パックスナチュロン」である。  これらのせっけん製品は、施設外に排出されても、水の中のカルシウムと結びついてカルシウムせっけんとなり、それが微生物や魚のえさとなって、自然界を循環する。  ところが、化学合成されたものは自然界では分解されにくい。

露天風呂もある温泉浴場で使われているシャンプーやリンス、ボディーシャンプーは、天然成分のせっけん製品であるパックスナチュロン

「フォレストパークあだたら」のように、自然にやさしいせっけん製品を使おう、という動きは、全国各地で広がりを見せ始めている。  神奈川県横浜市の水源地として水源かん養林が広がる山梨県南都留郡道志村では、オートキャンプ場の「花の森オートキャンピア」や「スカイバレーキャンプ場」などで「飲み水となる水源の環境を守ろう」と、「パックスナチュロン」をはじめとするせっけん製品の使用を施設利用者に呼びかけている。

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌するビジターセンターの売店では地元の製品やキャンプグッズともに、 パックスナチュロン製品が売られている

●全国に広がる「パックスナチュロン」の輪

また、将棋駒で有名な山形県天童市の老舗旅館「滝の湯ホテル」や同県のかみのやま温泉郷の「月岡ホテル」、宮城県鳴子町の中山平温泉にある旅館で名湯「うなぎ湯」で知られる「琢e(たくひで)」、地区全体でコシヒカリの有機栽培に取り組んでいる新潟県阿賀野市の五頭(ごず)温泉、世界遺産の岐阜県白川郷などでも、せっけん製品の使用を積極的に進めている。

「琢e」の若女将、国分絵美さんはこう話す。「私どもの温泉は、PHが9とアルカリ性が高く、美肌の湯として知られていますが、体にやさしいせっけん製品を使ってこそ、その効果があると思っています。また、洗濯や食器洗いをしている従業員が、天然成分のせっけん製品を使うようになってから手荒れがなくなりました」  よく考えてみれば分かることだが、環境にやさしい、ということは、おのずと健康にもいい、ということなのだ。

話を戻そう。「フォレストパークあだたら」の先進性は、これだけにとどまらない。ゴミの分別が徹底されていて、資源ゴミは紙や布、缶、ガラスびんは色のついたビンと透明びんで分ける。このほか、燃やせないゴミ、ペットボトル、割りばしなど19に分別するようになっている。生ゴミはたい肥にしてキャンプ場内の芝生の養生に利用している。

これだけ細かいと、利用者の戸惑いも多そうだが、回収所になっているビジターセンター内には分かりやすい解説ボードがある。

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌するこれだけではない。フォレスト・エコ・ライフを体験するという目的で、宿泊者向けに自然観察会や天体観測、木工教室、炭焼き体験などのイベントが随時開催されており、ソフト面での充実ぶりも、5っ星の認定を受けるにふさわしいサービスといえるだろう。

「森林との共生」というコンセプトを徹底するため、スタッフの教育にも力を入れており、6月末にはパックスナチュロン製品を製造・販売している太陽油脂の長谷川治・家庭品部長がせっけんの良さと、合成洗剤が環境や人体に与える影響について講演した

ネイチャーフォトを撮るために神奈川県川崎市からやって来たという男性は、笑顔で、こんな話をしてくれた。 「口コミで聞いて、このキャンプ場に来るようになり、今年はもう3回目です。運営する側だけでなく、利用する側が自然環境に配慮するからこそ、良好な環境が保持されるわけですよね。温泉もあるし、サイトも広いし、気分良く過ごせるので気に入ってます。リピーターが多いというのも納得です」

3種類の油脂にアルカリを加え、撹拌する安達太良山の大自然に抱かれてのつかの間のキャンプ生活。そこには、自然ばかりでなく、人間にとってもやさしい、じっくり味わえ、リフレッシュできる環境があった。

テントサイトには、大人4人でもゆったり過ごせる米国製常設トレーラー10台を含め、計180サイトがある。サイト前の芝生の管理にも除草剤などは使わないほか、肥料は施設で出た生ゴミをたい肥にしたものを使用している

■問い合わせ先
・フォレストパークあだたら
〒969-1302 福島県安達郡大玉村玉井字長久保68
TEL:0243-48-2040 FAX:0243-68-2060 ■http://www.fpadatara.com
・名湯・秘湯 うなぎの宿 中山平温泉 琢秀
〒989-6832 宮城県玉造郡鳴子町字星沼20-9
TEL:0229-87-2216 FAX:0229-87-2354 ■http://www.takuhide.co.jp/
・スカイバレーキャンプ場
〒402-0226 山梨県都留郡道志村11754-1
TEL:0554-52-2578 ■http://www.bremen.or.jp/skyvalleycamp/
・花の森オートキャンプ場
〒402-0200 山梨県南都留郡道志村神地9709-1
TEL:0554-52-2776 ■http://www.mfi.or.jp/hananomori/
line

このホームページの内容(文章・画像)を無断でコピー、転用することを禁じます。

pagetop
pagetop
   
リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ 太陽油脂株式会社
Copyrights(c) Taiyo-yushi Co. Ltd., All rights reserved.